About

毎日眺めている琵琶湖。

一度も同じ琵琶湖を見られず、朝と夕の表情も違います。
琵琶湖は”いま”と”ここ”を問いかけてくれます。

同じ顔した琵琶湖は一日もないのに、人が現れるずっと前から一つの琵琶湖でいる。

上手に撮れないなら色をせめて残したい。
そんなふうに願いながら撮っています。